きれいな髪は誰でも目指せます!正しいヘアケアの方法とは

はじめに

街を歩けば、きれいな髪の毛の人・・・たくさん歩いていますよね。

自分の髪はツヤがないから、もともとの髪質が悪いから、と諦めていませんか?

正しいヘアケアをすれば髪の毛は変わるんです。

今こそヘアケアの方法を見直してみましょう!

洗髪、正しくできていますか?

ヘアケア、といえば、トリートメントに気を取られがちですが実はシャンプーもかなり重要なんです。

正しいシャンプー、できていますか?何気なくしているシャンプーが髪を傷めてしまっているかも?

シャンプーの前には必ずブラッシング!

髪に付着した汚れを落ちやすくするために、頭皮にやさしいブラシでブラッシングしましょう。

予洗いは念入りに!

シャンプー前にお湯でじっくり洗い流すことが大切です。

頭皮までしっかりお湯で流しましょう。

実はここで汚れのほとんどは落ちるんですよ。

頭皮をマッサージしながら洗います。髪の毛には泡をつけるだけでOK!

シャンプーは頭皮の脂を落とすためのもの。

髪の毛をごしごし泡で洗うと傷んでしまいます。

泡をつける、くらいのイメージで髪の毛についた整髪料を落とします。

洗い流しはしっかりと!

熱すぎるお湯で流すのはNG。

少しぬるい?と感じるくらいの温度のお湯で髪や頭皮についた泡をしっかり落としましょう。

シャンプーにかかる時間よりも洗い流しの時間のほうが長く、が正解です。

トリートメントとコンディショナーについて

トリートメントは髪の内部を修復するもの、コンディショナーは髪をコーティングするもの、と覚えましょう。

それなので、トリートメントとコンディショナー、両方を使う場合は、トリートメント→コンディショナーの順番になります。

どちらも頭皮用でない場合は、髪の中間から毛先中心につけましょう。

時間を置けばさらにgood!蒸しタオルで温めてもいいですね。

ほんの少し髪になめらかさが残る程度に洗い流しましょう。

自然乾燥はNG!ドライヤーで乾かしたほうがいいんです

以前は自然乾燥がいい、と言われていましたが、雑菌が頭皮で繁殖しないためにも髪の毛はドライヤーできちんと乾かすことをおすすめします。

風量の強いドライヤーで根元を中心に手早く乾かしましょう。

この時のポイントは、温風と冷風を切り替えしながら髪が熱くなりすぎないようにすること。

乾かす前にアウトバストリートメントをつけるといいですね。

オイルタイプやエマルジョンタイプ、自分の髪に合ったものを見つけましょう。

まとめ

きちんとケアすれば、髪は今よりも絶対きれいになるはず!

今からでもヘアケア方法を見直して、きれいな髪、目指しちゃいましょう!