日常のヘアダメージを軽減!ワンポイントで髪美人を目指そう

一年の中で一番髪が傷みやすい季節とは

日本は位置的に四季があり、一年を通して様々な季節がありますが、それは情緒的に素敵なことでも実は髪にとってはダメージを受けやすい状態になっているのです。といいますと、最近では紫外線が春からすでに強くなっていることは知られるようになっていますが、それに伴いスキンケアのUV商品は店頭に多く並んでいても、髪の毛の紫外線対策は実のところあまりまだメジャーなものではありません。

けれど、髪の毛も紫外線により刻々とダメージを受けるため、夏になれば帽子などをかぶる人も増えますが早いうちには春からもう髪の毛は日に日に強まるUVダメージを受けているのです。五月を過ぎた頃からはほぼ夏と同程度の紫外線量があるといわれてるため、気温的にまだ大丈夫と思っているのではなくて一刻も早くヘアケアを重要視しないといけません。

春から始める髪の毛のUV対策のためにできること

最近ではそのためスプレータイプのUV対策商品では、肌だけでなく髪の毛へのしようもできるものがあります。スプレーなので、出かける間際やあるいは外出時に簡単に髪の毛の紫外線対策ができるのでお手頃です。

また、UV商品には紫外線をカットできる時間が決まっているため、それが切れそうになった頃にまたUV対策ができるように長時間の外出には、バッグにスプレータイプのUV対策スプレーを忍ばせているのがいいでしょう。なかなかリキッドやクリームタイプの日焼け止めは髪には塗れないので、髪の毛への使用OKの日焼け止めを桜が開花しだした頃には用意していると、きれいな髪の毛を一年中維持できるための対策を早いうちにできるのです。

欧米人とは異なる日本人の髪質の悩みの解消方法

欧米人に比べて日本人の髪の毛は直毛といわれていますが、それは髪の毛の真横に切ったときの断面図が円に近い形をしていて、欧米人は一方楕円形をしているのがそもそもの違いです。そのため、日本人やアジア系の人にとっては、髪をゆるくウェーブしたりニュアンスのある髪型をキープすることは極めて難しいのです。けれど巷では若い女性を中心にそのようは髪型が人気のため、大量のヘアスプレーやヘアアイロンを重点的に使用して、髪の毛の深刻なダメージを引き起こしているのです。

好きな髪型を維持しつつ、それでいて髪の毛へのダメージは防ぎたいと考えるのであれば、髪の毛にヘアアイロンなどダメージを与えた後の丁寧なヘアケアをきちんと行うことが大切なのです。特にヘアスプレーやヘアワックスなどは髪の毛からきちんと落とさないとコンディショナーやトリートメントの効果がきちんと入っていきません。そのため頑固なヘアワックスなどを洗い流すためには、シャンプーを二回することがとても大切です。

一度目は髪の毛の付着をとるためのシャンプーで、一度目は泡が立ちにくいかもしれませんが、二度目のシャンプーは地肌を重点的に洗うことで毛穴のつまりや皮脂汚れなどきれいな髪の毛を育てる土壌を健やかにキープするために役に立つのです。また、シャンプー後は泡を洗い流すことを念入りにしましょう。目安はシャンプーを泡立てた時間の二倍程度ですが、前髪の生え際や襟足は意識して洗い流すと洗い残しがなくなりきれいな地肌を維持できます。

ドライヤーの使い方で髪質は劇的に変わる

また、ドライヤーの使い方でもきれいな髪の毛になるための重要なポイントです。特に髪の毛が長い女性は早く髪を乾かそうとして熱風を強く押し当てる傾向にあるため、髪の毛への熱ダメージを与えやすいことになっているので気をつけないといけません。

基本的に髪の毛は乾かす前にタオルで水気を吸い込ませることがドライヤー時間の半減につながります。ただ、タオルで髪を拭くときには脆くダメージを受けたキューティクルを無理に傷つけないように、擦ったり強く力を入れるのはNG行動です。地肌を乾かすときは冷風を使用したり、温風はなるべく腕を伸ばして直接熱ダメージが当たらないようにしましょう。

洗い流さないタイプと洗い流すタイプのトリートメントの使い分け方

増えてきているヘアケア商品の中で洗い流さないタイプと洗い流すタイプのトリートメントがそれぞれ人気がありますがどちらを使用したらいいのか悩むところではないでしょうか。しかしヘアケアのことを考えるのであれば、両方を併用することが最も効率のよいヘアケアになります。

というのも洗い流すタイプのトリートメントは、一分程度おいたら洗い流すというのが鉄板ですがなかにはもったいないからといってあまり洗い流すことをしない人もいます。けれど、実はこれはヘアケアにとってはあまりおすすめできない方法です。というのも洗い流すタイプのトリートメントは、地肌へのつまりを防ぐためにぬめりがなくなるくらいよく洗い流すことは本来の方法です。けれど洗い流すと髪の毛がぎしぎしとするといケースも多く、だからこそドライヤーで髪を乾かすときに洗い流さないタイプのトリートメントを使用することで指通りもなめらかになり、髪の毛がこんがらがったりしてヘアダメージを受けることはなくなります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ